MASKマスクの選び方のポイント

サイズに合ったマスクを選ぼう

自分の顔にフィットすること。それが一番重要なポイントです。

色やデザインが気に入ったとしても、顔に合っていなければ意味がありません。

☆フィッティングCHECKポイント☆

ストラップを使わずにマスクを顔に当てる。髪の毛がはさまっていないか、必ずCHECK!

鼻から息を吸ってゆっくりと手をはなす。

顔に吸いつく感じがあり、マスクが落ちないかCHECK!落ちなければあなたの顔にフィットしているマスクです。

マスクサイズ 4タイプ

男性向けサイズ メビウスライト、アビッソソフト、
パノラミックノア、モアナソフト
女性向けサイズ ベガライト、ティアラソフト、ベガソフト
高学年子供向け アネモライト
低学年子供向け アコライト
パノラマビューレンズ

パノラマビューレンズ

正面レンズにプラスして左右両サイドにもレンズがあるため、水中でより多くの光を取り込み広範囲で迫力のある景色が楽しめます。

ダブルリップ

ダブルリップ

顔あたり部を面で受ける形状(フェイスフィットゾーン)にして密着性を高め、水の浸入を防ぎます。
AQAのマスクの多くは、このダブルリップ形状になっています。

素顔美カールソフトリップ

素顔美カールソフトリップ

ダブルリップ形状の中でも、ベガシリーズは、フェイスフィットラインを優しくタッチする、カールソフトリップ形状になっています。
マスクのあとが残りづらい。

SNORKELスノーケルの選び方のポイント

マウスが口にしっかり収まるものを選びましょう。

大きすぎるものや疲れやすく、水がはいってくることもあります。
パイプの太さ(内径)もご自分の身体に合ったものを選びましょう。パイプに入った水を吹き出す(スノーケルクリア)際に、太いとそれだけ大きな肺活量が必要となります。

排水弁の付いているタイプやアッパーが付いているタイプは、水が入りにくく排出しやすいので初心者にはオススメです。

スノーケルサイズ 2タイプ

大人向けサイズ サミーVライトⅡ、サミードライスペシャル、
サミードライシリコン
子供向けサイズ ビキシーVライトⅡ
パイプの太さ

パイプの太さ

子どもと大人の肺活量の違いにあわせ、スノーケルのパイプ内径を右記のように設定しています。

ドライスペシャルアッパー

ドライスペシャルアッパー

アッパー内部に浮力体に連動した弁が装着されており、水面との水位に合わせて弁が自動的に開閉します。アッパーが水面下に潜った場合は弁が閉じ、水の浸入を防ぎます。誤って水を飲んでしまう危険性が大変少なくなります。

ドライアッパー

ドライアッパー

オレンジ色は海上でもよく目立つため、仲間に自分の位置を伝えられて安全です。波しぶきや水の浸入をおさえる形状です。

スムーズ ブレッシング セクション

スムーズ ブレッシング セクション

スノーケルクリア時、残った水が口に戻らないよう排水弁へ導きます。これにより呼吸をスムーズにおこなえます。

FINフィンの選び方のポイント

脚力に合ったフィンを選びましょう。

自分の使用用途から選ぶなら、フルフットか、ストラップか。

素材で選ぶなら、軽く軽量なプラスチック素材か、小さな力で大きな推進力を生むゴム素材か。

初心者の方でしたら、柔らかくブレード部分(水をとらえるところ)が大きすぎないものが適しています。初めての購入でどれが脚力に合っているか分からない場合は、柔らかいフィンを選びましょう。

  特長 フィンの履き方
ストラップタイプ ストラップタイプストラップを調節する事により足にフィットさせます。スノーケリングシューズと併用するタイプと、素足やスノーケリングソックスでも着用可能なタイプがあります。サイズ調整が可能なので、足のサイズが変わるお子様にもおすすめです。
  • 1

    ストラップの両端を持ち、左右同時に手前に引っ張ります。

    ストラップタイプ

  • 2

    ベルトが、かかとをしっかりと押さえ込んでいればOKです。

    ストラップタイプ

フルフットタイプ フルフットタイプかかとまでホールドしますので、しっかりとしたフィンキックができます。フィンサポートと併用する事で、よりしっかりと固定する事もできます。フィンずれが心配な方は、スノーケリングシューズやスノーケリングソックスとの併用がおすすめです。
  • 1

    フィンのかかとをめくり、足を奥までしっかりと入れます。

    フルフットタイプ

  • 2

    かかと部を元に戻し、フィンが足をホールドすればOKです。

    フルフットタイプ

  • フィンサポートの使用法

    フィンサポートの使用法

  • 1

    足首にフィンサポートの片方の輪(リング部)を通しておきます。

    フィンサポートの使用法

  • 2

    もう一方の輪を引っ張りながら、かかとの下をくぐらせます。

    フィンサポートの使用法

  • 3

    フィンの裏側によじれないように固定すれば装着完了です。

    フィンサポートの使用法